2019-10-17から1日間の記事一覧

詩-5

時間くん、 戸締まりを済ませたら もう僕の前には姿を現さないで 君と肩を並べて歩くなんて 僕はもう、まっぴら御免なんだよ

詩-4

僕は前へは進まない、 古今まれに見る 偏屈登搭者さ 奴らがくれた高貴な常識の壺とやらを 心のてっぺんから地面へと 笑顔で叩き落としてみせるよ。

詩-3

ああ楽しい たぶん 僕は丸ごとどっさり 罪 でなきゃ死んだも同然!