2019-10-30から1日間の記事一覧

詩-12

《悲しみのウタツグミ》 11月の 枯れた木の幹 かさかさと 爪で触れる 雨上がりの地面には 木の葉がへばりつき ここ 北の地の太陽は こんなにも慈悲深く こんなにも鋭く痛く これほどまでに 銀色 くるくるくるくる 行ったり来たり 私は濡れそぼった羽根をばた…