2020-01-11から1日間の記事一覧

詩-53

もと来た道を 失った なぜなら私たちは傲慢だから。

詩-52 父なる神

ほら 鏡で見てごらん 君も僕も 『いまだ放蕩息子』 つぎはぎだらけのツイードの上着に ぼさぼさの髪 口を固く真一文字に結び 目は怒りとやりきれなさで潤んでる 下を向けば 穴の開いたボロ靴に ネズミがかじったようなカーペット 僕らはいったい こんな姿で…