2020-01-15から1日間の記事一覧

詩-59

昨夜 僕は 僕の内に潜む彼女を 皮を剥ぐようにして めくり 僕の外に すとんと置いた 黙って突っ立ったままの彼女は 美しかった いや きっと 美しいと勘違いをした なぜなら 僕の心から 憂いが少し消えたあとだったから 僕はとても自分勝手 けれどもう 構いき…

詩-58 ヤジロベエ

下は燃えるぬかるみ道ですが わたくしはこの二本の脚を交差させて ひとつの点に立とうと思います ありがたいことに わたくしには腕がある だからこの両の腕を 大きく広げ 悲しみと病と すべての虐げと辱めとによって 重く固く膨れた腹のまま か細い脚で ひと…