2020-01-23から1日間の記事一覧

キェルケゴール全集を注文した

とあるオンライン古書店で、キェルケゴール全集21巻(デンマーク語)を見つけた。 思いきって、注文した。 実は日本語翻訳全集を購入するつもりでこのお店のサイトを訪れたのだが、あいにく売り切れになっていた。あと数週間早く決断していたら、手に入った…

詩-79 遭難

丸太を抱くように 裸婦像の腰にしがみつけ お前自身が波に飲まれて 砕け散らぬように 小さくしぼんで 源泉まで失って 水泡ひとつにも負けるほどの むなしき悲しみにならぬように。

抽象概念優位、条件つきの分かち合い

私は何かしらの脳の異常があると思う。 いじめと虐待によって、9歳から13歳になる直前までのあいだ、ほとんど誰とも言葉を交わすことがなかった。話をしてくれる、聞いてくれる人がいなかった。身体的暴力も、言葉の暴力も、家庭と学校の両方で受けた。 『…

私は人間を愛せない

いじめと虐待を同時期に受けた者として、告白しなければならないこと。 私は人間を愛することができない。 人間の本質はその暴力性にあると思うから。 人間は悪(魔)にそそのかされたのではない。率先してそれに魂を売り渡したのだ。自由意志によって、『破壊…

詩-78 通せんぼ

ベニヤ板を立てかけるように 割れた花瓶を置くように 規制線を張るように ガラス張りにするように 一つひとつの団子が 並んで通せんぼをして 私の整列隊を崩そうとする 除けても除けても 不死身の団子たちが 次から次へとなだれ込む だから私は 目をつぶるし…

詩-77 集合写真

私は信じない あなたたちの笑顔も あなたたちの佇まいも 太陽の演出も 時のいたずらも ましては私自身の姿形など 信じない 信じるわけにはゆかない。