2020-01-27から1日間の記事一覧

詩-87 私

暗闇のなかで死にそうなときも 北国の冷たい雨を思い出して 時空も香りも体温も 何もかもが その地位を失って ばらばらに散るときも あれも それも これだって 私なのよ 私だったのよ まるで数珠つなぎのような オパール色の涙のしずく そこにはいつだって …

通称生活を少しずつ、板につかせる

適当に応募しておいたお試しサプリメントが、昨日だったか一昨日だったかに届いていた。 モニターとして当選したので、実際に毎日『お召し上がりになって』、後日何かしらのアンケートに答えなければならない。 (※なぜ自分に敬語を用いているのか、自分にす…

生活感の欠如

昨日ちょっと出かけてから、気分がおかしい。 日常生活というものが、今までになく煩わしい。 食事も、作るけど食べるのはどうでもいい。片付けるのも、面倒くさい。 掃除はOK。 夜、横になるのは構わないけれど、眠るという仕事が面倒くさい。 外を歩くとき…

詩-86 いないいないばあ

いない いない ばあ、をした わたしが 消えた みんなも いない ごはんの味も わからない 曜日が変わるのも 知らん顔 景色は見える、 そこが行きたい場所だね でももう 窓を開ける気には ならない 何も聞こえないといい からすの鳴き声も 自転車のブレーキ音…