2020-02-17から1日間の記事一覧

詩-106

私は外出する日を心待ちにしています 国境という概念を持たない国へ 最後の国境をまたいで行く日を 楽しみにしています 『Enter!』 入国審査官が 私のパスポートに入国スタンプを押し 私と私の持ち物を通過させてくれることを 今から夢に見ています 私は避難…

詩-105

そのために泣きたくなるものが 今の私にあるとするならば それはきっと私にとって とても居心地が良く 私が好きなものであり 私に最も欠けており 私が最も求めるものであり 私が最も安らいで同調し 隣に座ることができるものである。