2020-11-06から1日間の記事一覧

詩-171 私

夜の縦縞模様のなかで 黄金色の耳飾りが きらきらちらちら黙って揺れている、 それが 私 白雲浮かぶ異国の青空、 一直線にそびえ立つラジオ局のタワーのように 嘘をつかずに言葉に向かい 溶け 入る それが 私 あなたを岸壁の灯台みたいに白く建て 絶対に消さ…

詩-170

晩秋の朝 あなたの向こうに、私のなかに 憂いと疲労、溜め息と永遠がたゆたうのを 夢想する心の底辺で耽溺している 鏡の前で 琥珀色のイヤリングを着け 紅を差して髪を下ろし 遠くすら見ようともしない目で再び溜め息をついた、 私はこのまま どこまで続くの…