2021-02-04から1日間の記事一覧

tête-à-tête 93

『俺が殺したんだ、俺が殺したんだ……、』 ホワイト・ヘイヴン市内、エスター通り。1901年3月。午後4時。シリルはひとり、同じ言葉を繰り返し繰り返しつぶやきながら、ストラストヴィーチェ書店へと向かう。 『俺があいつの父親を殺したんだ、俺が……、』 歩く…