2021-02-17から1日間の記事一覧

tête-à-tête 106

この世界のどこかにある、とある広大な海。 その上に広がる空は、鈍い鉛色をしている。白と銀の雲が重なり合うところからは、薄い金色をした陽の光が差し、真っ直ぐ突き刺さるかのようにして海面に注がれている。 海中の深い深いところ、水の渦巻きに体を引…