詩-1

肥大化した人生は
私を迷子にする
雷鳴と稲光を間引いたのちに
手中に収めるといい。