詩-2

峡谷の吊り橋を渡って

痛みの森に分け入る

沢の水をすくっては飲み

すくっては飲むが

私の渇きは満たされることがなく

この足で引き返すこともままならない。