詩-4

僕は前へは進まない、 

古今まれに見る 

偏屈登搭者さ

奴らがくれた高貴な常識の壺とやらを

心のてっぺんから地面へと

笑顔で叩き落としてみせるよ。