詩-6

そこのお嬢さん

喜びなさい

死ぬのと沈むのとでは

訳が違うのだよ

 

冬も春も

楽しみなさい

貴女が芽吹く機会は

まだまだ残されているのですから