虐待二次被害:私の人格を殺した、『すべての』虐待者たち。

他人の不幸や苦痛を増大させることに喜びを感じ、他人を嘲笑し蹴落とし、しかも自分がそこまで成り下がるに至った理由を自分自身ですら理解できていない者ほど、低成長で救いようのない者はいない。

虐待者とは、虐待二次加担者とは(虐待賛同者といっても良い)、これほどまでにも自分自身が見えず、無知無学で(そもそも学ぶ意欲も能力もなく)、上位の者へのゴマすり・開き直り・パワーゲームへの専心・偽善・無視放置がお得意な獣でしかないのだ。

こうした獣は謝罪という行いすら知らない。なぜなら悔いという心の働きすら持ち合わせていないから。

仕方がないのだ。
彼らは動物に過ぎないのだから。
人間に生まれなかったあの連中を心から不憫に思う。彼らには人間としての運が初めからなかったのだ。

ここには『すべての』虐待者たちと記した。
この言葉が具体的に誰を示しているかは、虐待者及び虐待二次加担者の皆さま方が理解・認識できていれば良い。動物なので、見込み薄だとは思うが。