2019年に望むこと

ここ数日、頑張らなくたっていいのに、ついつい自意識過剰になって頑張ってしもうた。

だから今日は頑張らない。

ついでに言っちゃうと明日の元日も、その先の時の流れにおいても、頑張らない。

タイトルにもあるように、私は新年に『望む』ことはあるけれど、『臨む』『挑む』つもりはない。そういう疲れることは、もうしない(更年期に突入した、枯れた40代なのでね)。

 

2019年に望むこと

 

その一

自分と知人・友人が少しでも穏やかに過ごせる1年であること。

 

その二

思いやりのない人間とは関わらない。

自己主張ばかりで、相手の意見を論破するためだけに近づいてくるような人間には、こちらからも近づかない。

自分の心の安寧・体調を最優先にできる1年であること。

 

その三

自分を少しでも好きになれるような1年であること。

二と重なるけども、ことさらに他人に訴えない、ベラベラ自己開示をしない。やるなら相手と場を選ぶ。

DID発症前は沈黙の好きな人間だったはずだから、沈黙する自分を好きになれるようにしたい。

(※この人だんまり屋の知恵遅れなのね、という扱いを受けたことが過去に何度もありました。)

 

以上。

沈黙は美しい。僕ぁその美しさに見合う人間になりたいものです。