詩-38 自由という名の折り紙

私は今日

アジュールブルー色の

自由という名の折り紙を

夜明け前に受け取りました

この1枚の紙切れを

さまざまなやり方で使おうと思います

ぐしゃっと握り潰して

バケツに入れた水に浮かべてもいいし

口に入れてもいい

風呂敷のように大きく広げて

全身を覆ってみてもいいし

電子レンジで温めて

心を撫でたっていい

飛行機を作ってそれに乗り

飛び回ってみるのも悪くない

いただいた方からは

「返さなくてよい、

ただ忘れずに使いなさい」

と言われたので

私のものとして 大切に扱うつもりです

ハサミで破りにかかる盗人もいるので

普段から気をつけて

私自身という巾着袋に収めておこうと思います。