詩-40

姿形が変わろうとも

 

姿形そのものがなくなろうとも

 

ただひたすらに続くものがあるのだと

 

私は信じたい