詩-42

崖っぷちの人間は

 

たとえ1本の細い糸でも

 

それが命綱だと言われれば

 

最後の望みと信じてしがみつき

 

引き上げてもらいたいと願うものなのです。