詩-43

私は心のなかで

小さくちょこんと跪き

手のひらを重ねて

少し不安を感じながら

微笑んで待ちます

 

待つことは

とても大切です

 

そして

 

受けることは

新たなる門出であり

問いであり

段階であり

喜びと癒しなのです。