デンマーク語大辞典が閲覧できぬ!

いやー、今日は朝っぱらから予期せぬことでストレスを目一杯堪能している。

何がストレスって、絶賛愛用中であったところのウェブ版デンマーク語大辞典が、突然閲覧不可能になったのだ。

しかもアプリ版のほうも、本家及び姉妹バージョンのような数種を含め、すべてが延々バッファー、バッファー、バッファー状態。このまま眺めていたら眩暈を起こすのではないかと危惧するほどに、くるくるくるくる回り続けるのみ…。

困ったなあ。本当に困った。一気に気分が滅入った。モチベーションまで急降下しかねない。

デンマーク語ー英語辞典ではなくて、デン・デン辞典が読みたいのですよ、私は。動詞の活用、発音、名詞・形容詞の変化、類義語・対義語、慣用句などを、同ページ内でざっと俯瞰できるのが大のお気に入りだったのに。デンマーク語を英語・日本語を介さずに理解するための最高のツールだったのに!

仕方なく、デン・英のサイトとアプリを何種類も閲覧して回っているのだが、どれもまあ非常に使い勝手が悪い!大きな広告が突然視界と操作を遮ってきたり、動詞の活用が掲載されていなかったり、肝心の収録語彙数が少な過ぎだったり…。もう、冗談抜きで私泣いていますよトホホ…。

この、とんでもないストレスのせいなのかおかげなのかは知らないが、私は突如、この三が日で溜まった新年のゴミを、怒濤の勢いで捨てに行った。年末年始、マンションのゴミ置き場は昨日まで閉鎖されていたので、ゴミはすべて部屋に保管していたのだ。

そしてそのついでに、オンライン古書店で購入しておいた文庫本を、ポストに取りに行った。

f:id:vanishingeggs:20200107082856j:image

写真の掲載方法がまだわからず、ヘンテコで申し訳ない。とりあえずゲーテファウスト第一部』とボードレールの詩集である。ペラペラめくってみたところ、文字が大きく逆に困惑した。中学校教科書か何かかと思ったよ。

今日はまあとりあえず、今後デンマーク語大辞典なしで勉強する方法を考えるしかなさそうである。出鼻挫かれた感満載だなあ、ケッ。