詩-66

ビロードの暗闇が欲しい

嘘をつく必要もなく

心臓を走らせる必要もなく

無駄な言葉を 吐く必要もない

黙って私を認めてくれる誰かと

この闇に落ちて 沈んで 消えて

幸せになりたい

私の幸せを壊さぬ誰かと共に

世界に背を向け 世界を壊して

幸せになりたい。