詩-70 願い

神さま

 

木の実でも果実でも

僕らが再び子どもに戻れる実を

食べさせてください

背中に薄く柔らかな羽根が生えて

体の内側のしこりがすべてほぐれて

透き通った薄桃色の水がめぐるような

そんな命を 一人ひとりに

手渡してください

 

それが僕の

岩になった僕の

願いです