詩-73

ねえ

あなたがそう言ってくれるなら

私はもっと目を凝らして

百合と鳥を見るよ

 

あなたはどんな自然を見たの

登った木の上で

遠くに何を認めたの

 

教えて

生きるって 何

消えるって 何

 

ただひとつ

わかっていることがあるの

あなたって人は

これっぽっちも消えていなくて

何だかぐるっと一周して

私の胸にやって来た

私の心で 傘を振って 歩いている

ずっとずっと歩いている

 

ねえ

あなたがそう言ってくれたから

私はもっと目を凝らして

百合と鳥を眺める気になれた

 

だからもっと教えて

生き抜くって 何

愛って 何