詩-94

時間さえもが静まり返り

何も告げない現在空間のなかで

枕に頭を預け

黒髪に漂う香りに 目を見開き

桜はいずこ 新芽はいずこと

腹の底から 私は春に手を伸ばす。