詩-137 混乱

何が不満なのですかと

占い師は僕に訊いた。

それがわかっているのならここには来ていませんと

僕は答えた。

テーブルの花瓶のバラは

青白い顔をして呆れていた。