詩-153

君は死なない、君は死なない
だから託した
夢を 笑顔を 可能性を託した

君を心から愛すと言えば嘘になる、
けれど君を創り出し
育て上げたことに
虚栄はない
分銅ひとつ分すら
インクひと壺分すら
クッキー1枚分すら ないのだよ
それどころか
花が咲いたのだ

君は決して死ぬことがない、
僕の内にいたって死ぬことがない
昨晩は泣いた、
ひと粒、ふた粒と泣いた
それでも君の面影を描いて笑ったことを
赦してほしい
メレンゲを厚ぼったく塗りたくった
スポンジケーキ
あの白さのように 僕の視界を遮り
僕を土壁に でくの坊にした この世界のなかで
【鵜呑みペラ助】の軍団に負けそうになったときは
きっと必ず君の姿を思い浮かべては
泣き笑いすることにしているのだから!
だから試しに言わせてほしい、
愛していると
君こそが 憧れであると
そうすれば そのあいだだけは
僕も死なない
この場にしがみついて 犬歯を引っかけて
僕も死なない。


the cure killing an arab 07 07 2018 London Hyde Park England subtitulada