同じこと

人は絶望の境地にあるとき、うずくまって両の手を組む。

 

そうだ。

 

だから絶望とは祈りであり、光を掴むために戻る瞬間なのだ。