tête-à-tête 26

1892年冬、ホワイト・ヘイヴン入国審査場。ひとりの男性が50代前半の女性審査官の前に立つ。

『はーい。お名前は?』

『シリル・ジョン・レイノルズ』

『生年月日は?』

1854年3月18日』

『もとの居住国は?』 

『ビレホウル王国』

『あ、あそこね。わかった。それで、黒馬車に乗ったのは、今年の10月23日でオーケー?この日が永住許可証の交付番号になるけど』

『オーケー』

『わかりました。で、黒馬車に乗った理由が?……ああー……』

審査官は憐れむようなため息をついて、うなずく。

『後追いね。37?38?まだお若いのに』

『まあ歳は関係ねえよ』

シリルは帽子を深くかぶったまま答える。

『そうかしらねえ。ええっと、それから、許可証の色は何色がいい?マルつけてないけど』

『ああ。忘れてた。ゴールドってあったっけ』

『うん、ある。じゃあ金にマルつけとくわね』

『どうも』

『あと、ちょーっと聞きにくいことなんだけど、』

女性はメガネを外すと申し訳なさげにシリルを見た。 

『後追いしたってことは、先に亡くなった方は既にこちらにいるってことよね』

『そうなるね』

『念のためなんだけど、その方のお名前とご住所、教えてもらえる?』

『ああ、』

シリルはミリタリーコートのポケットから紙切れを取り出して言葉を続けた。

『名前はリディア・ソーントン。それから住所はこれに……ああそう、ポプラ通り38a、ホワイト・ヘイヴン市第6区ってとこ』

『わかった、ありがとう』

審査官は申請書の欄外に追加記入をすると、再びシリルの顔を見てたずねた。

『その方は、ご家族?ご友人?』

『彼女』

『ああ。そうなのね。それで、こちらで結婚する予定は?』

『結婚はしない。だから持参金もなし』

『わかった。で、普通入国すると、どの人にも自動的に住居が提供されるわけだけど、あなたはそのソーントンさんって方と同居する予定?』

『向こうがそれでいいって言うならね』

『そう。その場合、あなたも……えっと、リディアさんも、各自の住居をそのまま持っていていいので。どちらか一方を没収されちゃうとか、そういうのはないから、安心してね』

『わかった。サンキュ。で、市内へ行くのにはやっぱり馬車?』

『それなら心配ない。あそこ、D6ゲートを抜けて審査場の外に出ると、入国者専用の乗り合い馬車が何台も停まっているから。好きなのに乗って。名前さえ告げれば、自宅に連れて行ってくれる』

女性審査官は申請書にハンコを3回押して、大きな声で言った。 

『はい、enter!審査お疲れさまでした。それでは次の方、どうぞ!』