tête-à-tête 36

《略式年表》

 

18c前半 絶対王政強化の時代

ハインリヒ1世~

(このへん面倒だからまだ調べてないけど、17世紀から続く歴代国王による言論統制の再強化ってなことらしい)

 

1737三日月革命

残留派vs自治推進派、残留派の勝ち

 

このあとも推進派の運動が一部過激化して、結果アヴァリエとして続いてったらしい

 

(推進派として戦った研究者等は職を追われた模様。その恨み?)

 

1794年、僕の祖父、エメリー・レイノルズが生まれる(スキャルケイル市内?)

 

1834年 祖父40歳、隠れアヴァリエ派として活動始める(どうやら、学者??)


1824頃、ニールセンさん生まれる。僕の父も同世代(※シリルのお父さんも?)

 

1847年 ニールセンさんの使用人のひとり、ジュゼッペが生まれる。僕より7歳上

 

1854年 僕が生まれる)

(※シリルも1854年前後??)

 

 

《このへんで隠れアヴァリエが次第に低年齢化???新アヴァリエ派ってやつ??》

 

 

1866 レイチェルのお祖父さん宛てに爆弾が届き、この時ジュゼッペが指を切断する。ジュゼッペ19の頃、僕が12の頃。お祖父さんはこの数年後に病気で亡くなった模様

 

1877 僕とレイチェル、結婚

1878末 息子のマリオン生まれる

1881-82 この頃に離婚しちゃった

 

1900 落馬した(痛かった)

1900- ホワイト・ヘイヴンに永住

 

 

追記:

Y字型パチンコなるものは予想外に武器として活用できる。また親父さんのお尻でも狙って遊ぼうと思う