もうそろそろの時分です-1

「あれ、随分と膝小僧が黒ずんでますね、両方とも」

「あー、私よく伏拝するんですよ」

「伏拝ってイスラム教?」

「ううん、クリスチャン」

「へー、そうなんだ。どうします?ピーリング用の石けんだったら受付カウンターに置いてあるから、ひとつ買っていっても」

「あのカゴの中に入ってるやつですか?」

「そうそう。まずは角質を落としてからでないと。ちょっとお値段は張るけどね」

「幾らでしたかね」

「確か1個80gで2,500円」

「高っ」

「まあ、お任せしますよ。無理強いはしない」

「それじゃ、次回来たときにでも。では今日はこれで。ありがとうございま……」

「検査結果のことだけど。ご家族かご親戚の方は」

「先生の口から直接、ということですか?」

「僕からでも、あなたご自身でも」

「必要ないです。身寄りがないので」

「お友達とかは」

「うんまあ、気が向いたら話しておきますよ。ちょっと考えます」

「わかりました。計画としては3週間後に最初の投薬サイクルを始めましょう。その前にもう一度来てもらって、そのときに副作用とかの説明を」

「わかりました。じゃ、これで失礼いたします。どうもありがとうございました」