もうそろそろの時分です-2

「前へ行けば?あなたもう洗礼受けたんだし」

「いやいやいや。私はいいです。隅で座ってますよ。あ、こんばんはーアナスタシアさん」

「どうもー。マリヤさん、聖所でお祈りしないの?あたし行っちゃうわよ、10年かかって帰正したんだもん」

「すごいなやる気満々」

「ほらメアリーも行けばいいのに」

「んー、なら行っちゃおうかな。よし、行ってきます」

「走らないメアリー!」

「え、でもキッズたちは普通に」

「あなた幾つよ」

「おかげさまで先月4月で45」

「45はキッズじゃないでしょう」

「いやあ、旧約ではウン百歳まで生きた人が……」

「ワシリイ掌院に言いつけますよ」

「すいません。にしても王門の向こうでは何が行われているんですかね?実は神品の皆さんで婦人会のカレーうどんでも頬張っているんじゃ」

「Mary May Kurokawa!」

「Sorry! 冗談ですよ。それよりも掌院、東京にはこれからもずっと?グラスゴーに戻られてしまうってこと、ありますかね?」

「さあ。辞令的なことはあたしは知らない。それよりあなた、神学アカデミーの研修へは行かないの?仕事の都合?」

「単純に予算の都合です。それに飛行機怖いので。過去に経験した乱気流でモロにトラウマ。もう国内でじゅうぶんです」