もうそろそろの時分です-7

(2010年11月26日、新木場studio coast。)

 

「半券落としましたよ」

「え?私の?いやいいですよ、ドリンクチケットじゃないし」

「でもこういうの記念に持って帰りませんか?あ、すみません。初対面なのに」

「いやいやいや、全っ然。いやその自分はね、ギグには結構あちこちよく出かけるんですよ、それで半券持ち帰りとかのありがたみが失せてきちゃって。そういうの、ありません?」

「私初めてなんですよ、こういう場所で観るの」

「ん?ごめんなさい聞こえない」

「わ・た・し、こーゆう場所、初めて」

「あ、そうなん?それじゃあ半券も宝物」

「そういうこと」

「今日はおひとりで?」

「はい?」

「今晩はあ、おーひーとーりで?」

「ああ!はい。職場から急いで来ました。カール・バラーのファンで」

「え?オープニング・アクトのために今日のチケット取ったの?!」

「うん。おかしいかな」

「いやいやいや。すごい熱心な。お名前伺っても?」

「類です」

「ルイさん?」

「そうです、類。お名前は?」

「私は芽衣っていいます」

「メイさんですね」

「うん、そう」

「初めまして。今日はお友達とかは?」

「いない。一人で来た」

「私とおんなじ。ドリンク、買いますか?」

「もう飲んじゃった」

「私いらないから、ドリンクチケット差し上げましょうか?」

「ホントに?じゃ、もらっとく。ありがとう。グッズは?……あ、ファンじゃないか」

「いえいえ、せっかくなので帰りに見るつもりですよ!」

「じゃあ今日は最後まで一緒に観ません?」

「ほんと?いいですか?ありがとうございます」

「場所はここでOK?前行く?」

「私はここでいいですけど、メイさんが前へ行くなら私も」

「いや、私もここでいい。ずーっと昔、横浜のライブハウスだったか、モッシュピットに押し込まれてさ、もうボッコボコにされて以来、前には」

「そんな荒っぽいライブへも行かれるんですか?」

「たまたまだよ。本来は美的感覚ちょー最高の繊細な人なんだから」

「そうは見えない」

「え?ごめん聞こえなかった」

「何でもないです!メイさん、まだあと30分あるから、飲み物買ってきません?」