もうそろそろの時分です-25

(類の家にて。)

 

「ね、お味噌汁作ってくれたのは嬉しいんだけど、長ねぎの輪切りがぜーんぶつながってるんだよね、芽衣さん。何をどうしたら、こういう不思議なことになるのかしら?」

「すべての輪っかに箸を通して遊ぶのはどうでしょうか」

「食べ物で遊ばない」

「失礼。嫌なら召し上がらなくても」

「いえ、感謝していただきますよ。それよりもあなた、仕事中にバランスボールの上で瞑想されるとすっごく気になるんですけど」

「今日は初心にかえって創世記1:1から……」

「トンスラ姿だとそこまで真面目に考えているようには見えない」

「あー。トンスラと言えば」

「何。熱い!ねぎがほんとにどこまでもつながってる。舌、ヤケドした」

「類の言うとおり、言われちゃったよ」

「言われちゃった?誰に何を?あ、誰かにヅラがバレたってこと?」

「それもあるんだけど。ほら、その、ショーンさんの件」

「……あ。あー。そういう話?」

「うん。類の見立てどおりだった」

「ほーらね?私の目、節穴じゃないんだから。それで、答えは?何て伝えたの?」

「類に言ったこととほぼ同じ内容だよ」

「つまり、結局ショーンさんとも私とも、あるいは他の誰ともってことね?」

「ご名答」

「気まずくならない?」

「運良く、何も悪いことには。これからも教会に来てください、いなくならないでくださいとは言われた。いなくなったら元気がなくなるって」

「ふーん。よっぽどご執心なんだ」

「妬いてる?」

「べーつにぃ。気にしないわよそんなこ……ねえ、炊き込みご飯の具、これ大き過ぎない?ベビーコーンまるまる1本って、何これいったい」

「とりあえずわたくしからの愛情と思っていただければこれ幸い。ああそうだ、1点聞きたいこと」

「何」

「もしあたいがブタだったら、類さんはどうします」

「ブタ?何それ」

「ショーンさんに言われた。アナタがハゲでもトンスラでもブタでも構いませんって」

「ブタっていうよりウォンバットって感じねあなたの場合。いっつもお尻振り振りしてるし」

「つまりウォンバットでも構わないと?」

「別に何とも。そもそも前にも言ったけど、ハダカデバネズミの親戚じゃない、トンスラ頭のあなたって」

「人を好きになるってのはそういう感じ?」

「恥ずかしいから私にじかに聞かないで」

「あたいはそういうことには疎いもんでねえ。ああいう家に生まれたもんだから」

「それはあなたのせいじゃないじゃない。それよりもデザート」

「冷凍キットカットならあるよ」

「じゃそれいただく……ねえこの沢庵も全部つながってるんだけど!あなた小学校の家庭科、通信簿いくつだった?」