もうそろそろの時分です-42

「……だからねショーンさん、私、もうどこの教会へも行かないことに決めたんです」

「ルイさん……、」

「あ、芽衣は私のことは好きではないから安心なさってください」

「類、【好きじゃない】なんて、あたいそんなこと思ってないってば!」

「いいのよ。だって、私とあなたのあいだで恋愛関係が成り立つわけがないんだし」

「ルイさん」

「はい」

「ルイさん、それでは寂しいね。私は聖職者だから、余計に寂しい。ルイさんが教会とつながらないで独りでいるのは、悲しいよ」

「でも、私みたいなのは、軽蔑されるでしょう?」

「何を言うのですか。私はルイさん軽蔑していないよ、Mayのことを助けてくれる、重要な人。あなたは心の強く、優しい人です」

「ふふ。ありがとうございます。ショーンさんにそう言ってもらえて、嬉しい。私、このザリガニのお母さんになりたいんです」

「ザリガニってちょっと類!今度は甲殻類かよ」

「ルイさん、ザリグァ……というのはlobsterのことですか?」

「ええ。ロブスターです。今私たちの目の前にいますよね、ハゲの跡が残ってるロブスターが」

「なるほど、確かにハゲアタマのlobsterがいるね」

「ワシリイ主教まで……」

「May、良かったですね。あなたのことを面倒見るお母さんが、ここにいます」

「ショーンさんも芽衣のこと、好きなんですよね?」

「ルイさん。これはビックリです。なぜわかりましたか」

「見ていればわかります、たぶん周りの人はみんな気づいてると思いますよ。それにね、私、このハゲ頭のザリガニは、みんなに愛されるはずだって信じてるの」

「類」

「だからショーンさんにも、芽衣のことはずっと好きでいてもらいたいんです。私は【おかん】だから、お母さん以上の仕事はできない。もし芽衣がショーンさんのこと好きなのだったら、私は別に邪魔しない。ふたりが交際できない間柄なのはわかってるけど、互いに思う気持ちがあるなら今のままの形で……」

「類、あたいは修…」

「いいのよ、どっちでも。私はあなたがこの家にいてくれさえすれば、それでじゅうぶん幸せなんだし。芽衣、あとはもう好きに決めて。ショーンさんが相手なら、私は文句言わない。自由にしてくれていいのよ」