もうそろそろの時分です-48

「私、ぷっちょ持ってるよ。食べる?」

「いただきます」

「Mayの好きなブドウ味ね。……ずっと前からね、確認したかったことあってね、」

「はい。何でしょう」

「anchoressになりたいと言っていたでしょう、May」

「はい」

「それは今も変わりませんか」

「はい」

「そうですか。では私、聞きたいのだけど、その理由は何ですか。いちばん大きな理由」

「I look like a clown, don't I?」

「Sorry?」

「At least I behave as if I am one, 」

「Well, yes. Most of the time. So?」

「ワシリイ主教、私ね、」

「はい」

「これでも真面目なつもりなんです。私は隠すのが得意だから」

「隠す?What are you trying to hide from me or everyone else around you?」

「I don't want to feel sad. I don't want to make anyone feel sad about me, either. So I'm hiding myself behind the smiles, 」

「May,」

「This is not who I really am. And I don't deserve to be loved,」

「That is not true, May」

「いいんです。私はいつもふざけてる。そのほうがラクだし、ワシリイ主教も見ていて楽しいでしょう?」

「それは嬉しくない。私はそんなの、全然嬉しくないよ、悲しいよ、May」

「それでね。私は独りで遠くに行きたいんです。だって、なんにもできない、つまんない出来損ないだから」

「何を言っているのですか?May、あなたはそういうことをいつもずっとひとりで考えてきたのですか?」

「うん。だって私、ひとりだもん。人を愛することなんかできないんだもん。類のことも、それからSean、あなたのことも」

「やっとショーンと呼んでくれましたねメ…」

「本当だったらねショーン、私はあなたにありがとうって言う。本当は私も、あなたのことが好きだから」

「Is that tr…」

「Yes. That is true. でも、私、独りでいる。私はなんにも持ってない。あなたになんにもプレゼントできないから、独りでいることにした」

「何も持ってなくて良いではないですか!May、私は前にも言ったね、私はあなたがいると幸せだって。それがすべてです。あとはなんに……」

「ううん。それでは長続きはしません。そこは私に責任がある。私はあなたにも、類にも、他の人たちにも、本当に何も与えられない。だから、独りになるって決めた。決めたんです、私」