もうそろそろの時分です-55

(4月中旬。夕方。教会の大聖堂の前にて。)

 

「主教さまの宿舎の扉?主教さまご本人以外では家政婦の方がいつも開け閉めしてるわよ。8時くらいから、かしらねえ?」

「じゃ、その頃に持って行けば大丈夫かな」

「タイミング良く家政婦さんに会えればね。まあ、試してみたら」

 

※※※※※※※※※※

 

「じゃ、よろしくお願いいたします」

「OKよ。渡しておくね。あなた、お名前は?」

「メイ、と伝えておいていただけますか?」

「めいさん?」

「はい」

「わかった。それじゃ、確かに受け取りました」

「ありがとうございます、よろしくお願いいたします」

 

※※※※※※※※※※

 

16/04/2024

10:43

 

ワシリイ主教さま

 

おはようございます。

メールにて失礼いたします。

 

叙聖のお祝いに、宿舎に贈り物をお届けしました。どうぞ、家政婦の方からお受け取りくださいませ。

 

あなたの変人メイより

 

※※※※※※※※※※

 

16/04/2024

11:28

 

Dearest May, 

 

Thanks so much for the cactus-I wonder, though, why on earth cactus? I think you owe me an explanation. :-)

Can I see you after lunch? At the main cathedral?

 

 

I'm hoping that you can bring Louis(or Rui?)as well for this week's vespers. Can't wait to see both of you there.

 

Sean x

PS:あなたは私の変人?そうだよね、やはりあなたは変人だよね、May。