もうそろそろの時分です-56

(教会の敷地内、大聖堂の前にて。)

 

「It's to do with hair, my hair」

「What's got to do with your hair?」

Sting. Or a needle,」

「Come again?」

「You see, my hair is like hedgehogs' fur. Plus, and this is something far more important to tell ya though…」

「Yeeees?」

「Love hurts. It stabs you with a sharp end. Like an ice pick」

「Woah, I never thought I'd got to see such a poetic side of you, May」

「Thank you, sir. I guess I've finally grown up to be some kind of a poet or another,」

「アハハハハ。Sorry, but I can't help laughing. How funny of you saying things like that, but that's what actually makes you you, sweetheart. I love that」

「ありがとうございます」

「触ってもいいですか」

「何をですか」

「本当にhedgehogかどうか確かめます」

「どうぞ」

「Oh dear! It sure is!」

「気に入りまちたか」

「I do sometimes wonder perhaps you're genuinely an unidentified creature living outside the world. Oh by the way, May, 」

「何でしょうワシリイ主教」

「土曜日の夜ね。ルイも連れてきますか」

「はい、都合がつけば必ず」

「良かった。私、楽しみね。変人、ふたり。それにルイは場所が必要だからね。安心できる場所」

「大丈夫かな」

「Sorry?」

「いえ。ホラ、問題が問題だけに、本当に類が安心できるか。私にはわかんない」

「私たちが類のために安心できる場所を作らないとね。私、そのためにもあなたの愛と力が必要ね、May。ネズミのハリが必要。私、期待してるよ」