月夜に狩る人、喘ぐ人。-最終話

その瞬間、ハーバートの喉からガゴゴゴゴシュッと不気味な音が鳴る。そしてその直後、ハーバートの丸い胴体がゴトゴト左右小刻みに揺れ出し、パーンッと爆発音が1回起きる。

 

「もうーやだ!床に全部ばら撒いちゃった…」

 

とある入院病棟の廊下。患者の女性がキャンディーの袋を派手な音を立てて破る。個包装の飴が病室前の廊下に飛び散る。女性はぶつぶつ文句を言いながら飴を1つひとつ拾っていく。

 

「もう!ハサミがないと不便で…」

「一時退院、おめでとう」

 

ひざまずいて飴を集めていると、男性の声が耳に入る。女性はふと顔を上げる。そこには小柄な男性がひとり、女性をじっと見つめながら立っている。

 

「大輔くん!」

 

男性は少し照れくさそうに頭をぽりぽり掻きながら、女性が拾い残した数個の飴を彼女に手渡す。

 

「梨香子ちゃん、久しぶり」

 

梨香子という名の女性は緊張したのか、スウェットパンツの太もも部分で右手の汗を拭おうとする。それでつい、せっかく拾い集めたばかりの飴を再び床に落としてしまう。

 

「ああ、もうあたしってば…」

「僕が拾うよ梨香子ちゃん」

 

梨香子、大輔という名の男性がかがんで飴を拾っていく様子を眺める。男性は飴をすべて拾い集めると、梨香子のスウェットパンツを見て遠慮がちに言う。

 

「あの、これ全部、ポケットに入るかな」

「あ、ああ…うん、入れてみる。ありがとう。で、あの、…大輔くんなんでここに?しかもなんであたしの一時退院のこと知ってるの」

 

男性はゆっくりと立ち上がると、気恥ずかしそうに答える。

 

「先週、高校の同窓会…というほどでもないけど、数人で飲む機会があってね。そのときに木下さんから梨香子ちゃんがここで入院してるって、聞いた。木下さん、何度かお見舞いに来てると思うんだけど」

「…うん、涼子だったら、これまでに何回か来てくれてるけど…、もうあの子、何でも喋っちゃうんだから…」

「それで僕、来たの。梨香子ちゃんに会いに。だからえっと、一時退院、おめでとう」

 

そう言うと大輔はリュックの中から紙袋を取り出す。

 

「お祝いにね、チョココロネ持ってきたよ。梨香子ちゃん小学校のときだったか、チョココロネ好きだって言ってたよね」

 

大輔は袋の中のチョココロネを梨香子に見せる。

 

「…うん、あたし好きだったよ、チョココロネ」

「僕んちに遊びに来たとき、母が焼いたチョココロネよく食べてたよね」

「…そんなことまで覚えててくれたの」

「あのね梨香子ちゃん、」

 

大輔は笑顔で紙袋の口を折って、梨香子に渡す。

 

「僕今、移動パン屋やってるんだ」

「パン屋さん?」

「そう。小さなバン1台運転してさ」

「お母さんと同じで手先が器用な感じだもんね、大輔くん。手作りとか、好き?」

「それもあるけど…、あの、梨香子ちゃん僕ね、」

「うん?」

「…梨香子ちゃんに食べてもらいたくて、それで店始めたんだ。このチョココロネも僕の手作り」

 

梨香子、紙袋の口を開けて再度中身を確認する。チョコとバターのほのかな香りが梨香子の顔の前に漂う。

 

「一時退院してまた入院しても、僕、会いに来るからね。今度こそ、ちゃんと来るから」

「大輔くん」

「僕、夢があるんだ。梨香子ちゃんには僕と一緒に移動パン屋やってほしい。元気になったらね。だから僕それまでは、梨香子ちゃんのこと待って、ひとりでパン屋続けるよ」

 

大輔はリュックを背負い、少し照れた様子で笑う。

 

「今日はまだ寒いね、4月上旬なのに。向こうに日当たりのいい場所を見つけたんだけど、そっちで少し、話さない?なんか、天使とかうさぎとか、壁に絵が描かれてるエリア、あるでしょう?」

 

大輔、そっと梨香子の左手をとる。梨香子、ためらいがちにその手を引っ込める。

 

「あの、ごめんなさい、点滴で浮腫んでて見苦しいものだから、つい」

「気にしないよ。大丈夫、きっと数日で治るよ、」

 

大輔、顔を赤らめて微笑み、再び梨香子の手をとる。

 

「さあ、行こう」

 

梨香子の歩幅に合わせ、ふたり並んでゆっくりゆっくり歩き出す。梨香子が歩を進めるたび、履いていたクロックスがカサカサキュッと音を立てる。大輔は梨香子の足もとを気遣いながら今一度微笑み、梨香子の背中に右手を添えて彼女の隣を歩いていく。梨香子、緊張しながら大輔に話す。

 

「ここ最近、ヘンな夢ばかり見てたの。太った宇宙人とか、19世紀から来た紳士みたいな人とか、とにかくヘンな夢」

「もうすぐ春だからね、」

 

大輔は笑って答える。

 

「春になったら、きっともう少し落ち着くよ。僕が作ったチョココロネの山の夢、とかね!」