友よ

友よ

僕の半身よ

和解しよう

静かに 心目指して

 

僕は着飾るために喰らったのか

君が肥えていっそ動けなくなればと

しゃにむに

滋味溢るるものを掻き集めたのか

どちらにせよ 

かくも狡猾たる僕が

君の中を真摯に通り抜けていかねばならんのは

友として避けられぬ定め

 

君がやがて姿を失うのは

朝露眩しい春の日か

灼熱の太陽が武骨に立ちはだかる日か

目抜き通りが黄金色に変わる日か

それとも鳥が 凍る空を射貫く日か

 

いずれにしても

君が僕の友であることに変わりはない

だからその日が来る前に

どうか友よ、和解しよう