心はやる景色

心はやる景色、

駆け足になる景色、

そんな幾つかの景色を

僕は求めている

 

そこに彼らはおらず

また君すらおらず

 

内なる僕が

外なる僕を振り向かせようとして

手足をばたつかせているだけ

 

野原の草花を摘み

水を飲み風を知り

天に吸い込まれる 内なる僕が

棒切れのごとく立ち尽くす外なる僕に

気づかせようとするだけ

 

そんな景色を

僕は幾度でも

どこへでも

求めていく