心優しく自由に気ままに

「神父さま!私は罪を犯してしまいました」

「どのような罪ですか」

「はい。また道に迷ってしまいました」

「ほう。また、ですか」

「ええ…、私は太りすぎで医者から食事制限を言い渡されているのですが、ここへ来る途中、茶飲み友達に誘われて、どうにも断れず」

「それで今日は何を召し上がりました」

「はい。ザッハトルテと、きのことベーコンのキッシュを」

「美味しかったですか」

「ええ、それはもう」

「ならば神はお赦しになるでしょう。ご心配なく。次の方」

「ああ、もう。神父さま、俺としたことが」

「どうされましたか」

「俺、とうとう父親の背丈を超えてしまいまして」

「ああ。それはそれは親孝行な」

「親孝行なンすか?」

「もちろんです。神さまも喜んでおられます。よって心配はいりません。次の方」

「神父さま。私の本名はリサと申します。私はとんでもない罪を犯してしまいました」「リサさんですね。とんでもない罪とは、どのような罪ですか」

「…ごめんなさい。恥ずかしくて、やっぱり言えません」

「無理強いはしませんが、ここまでいらしたのですから。話せることだけでも」

「……まさかこんなことを申し上げることになるとは……、あの、私、ここの神父さまに恋をしてしまいました」

「ほう。それはそれは。それで、もしよろしければ、その神父の…」

「あなた様です、フェオファン神父さま」

「即答いたします。あなたは即刻、神の祝福をお受けになります。もはや心配するに及びません」

「赦していただけるのですか?神さまにも、神父さま、あなた様にも」

「リサさん。あなたは罪を犯しておられません。ああ、先ほどの道に迷ったという方、ちょっとこちらへ」

「はい、何でしょう?」

「確か先ほど、ここへ来る途中でトルテとキッシュを召し上がったと」

「ええ、確かに」

「しかも美味しかったとおっしゃっていましたね」

「ええ、そりゃあもう!それでまた私、肥え…」

「そこまでで結構。大変、参考になりました。どうぞご退場ください。それではリサさん、」

「…はい」

「今日のこの痛悔機密が終わりましたら、デートしましょう」

「えっ。本当に?」

「ええ。本当です。ザッハトルテときのことベーコンのキッシュを、私とふたりで山ほど平らげましょう。リサさん、神が今、何とおっしゃっているか、あなたにおわかりですか」

「ええっと……、」

「『喜べ。喜びなさい』です。私もあなたのご好意、喜んでお受けいたしますよ。おめでとう、私の愛らしい恋人!」