鎮静と過ぎ去りと鎮魂と

あれは

かの僕

遠く遠くの景色のなかへと

引き伸ばされ

引き離されていく僕

そしてここにいる僕は

深くて碧い 海底に引きずられ

口から気泡をぽこぽこ吐いて

ただ突っ立っている

さよならを言うべきだろうか、

それとも「待ってくれ」と金切り声で乞い

あの腕をねじり掴むべきだろうか

それとも

この重く固まってしまった両脚で歩いて行って

握手を求めるべきだろうか

わからない、

いまだに僕には答えは出せない

半分は諦めか、

それともゆらゆらまどろむ憧憬かーーー

僕は痛みが過ぎるのを独り待つ

そして絹生地のようにつかみどころのない歴史があるのなら

それらをこの海底にまとわせて

ただただあちらにいる僕自身を癒し

そっと触れてなだめてやりたいと思う。