かわいそうな人々

人生って、人間として生きる道ではなく、人間に成るための道だと思う。

 

50になっても60になっても、優しさのない残酷な人々がいるね。すでにボロボロに傷ついた者に向かって罵倒するような人までいる。

 

かわいそうだなと思う。罵倒された人が、ではなくて、そうやって罵倒する人々が。

 

そういう人々は、人に成る道つまり人生そのものすら提示されなかった人々なのだと思う。あるいは、提示はされたけども、本気で受けとめなかった人々。

 

いずれにしても、非常に大切な仕事をやり損ねてしまった人々。

 

不憫だな。